楽屋のピアノでリハビリ

楽屋のピアノ
今日は「タンホイザー」の立ち稽古が予定より遅く始まったので、少し早めに家を出てオペラ座の楽屋に置いてあるピアノで小一時間ほど指の運動をしました。

ここ一週間ほど少し忙しくてピアノを弾く時間がなかったので、また少し指が強張って動かし辛くなっていました。
いつも就寝中は両手ともほぼ動かさず掌を開いて指が伸びているので、起床時が一番症状が酷くてガチガチに固まった状態。それから時間を掛けてマッサージを繰り返しながら解して徐々に慣らしていくのが日常なので、朝ピアノを弾くのがちょっと大変なのは承知の上。これも大事なトレーニングの1つです。全く弾けなかった期間を思えばこんな幸せなことはありません(^^)

退院から4ヶ月余り、症状はだいぶ良くなって来てはいるものの、まだまだ回復までの道程は長いと感じます。

カテゴリー: 日記・コラム・つぶやき, 音楽 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*