ピアノを弾ける喜び

オペラ座の仕事復帰1週間が過ぎホッと一息をついています。
この1週間は、仕事の忙しさに加えて、主治医や病院の予約を取ったり、社会保険、アパートの管理会社、保険会社とのやり取りが毎日のようにあり眩暈がしそうでした。
全ては自分の所為なのだと分かってはいるんですけど、6月の2週目からはエクサンプロバンス国際音楽祭参加のため、また暫くリヨンを離れなければならないので、それまでにできる限り所用を済ませておく必要があるので少し焦りも感じます。

ピアノを弾ける喜び
そんな中、退院後に感じる喜びに和食を食べることができること(笑)、そして、ピアノを弾けることがあります。
病院食はお世辞にも美味しいとは言えなかったので、久し振りに食べる家内の手料理に毎食感謝しています。
また、ピアノに関しては、まだ負担が大きいので長時間は禁止と言われています。それに加えて、少しでも痛みを感じたら休憩するか止めるようにとも言われているので、以前のように好き勝手に弾けるというわけではありません。
当然ですが指の動きはまだぎこちなくて思い通りには行きませんが、またピアノに触れることができることに幸せを感じて、涙が出そうなくらい嬉しくてタマらないのです(^^)

カテゴリー: 日記・コラム・つぶやき タグ: パーマリンク

2 Responses to ピアノを弾ける喜び

  1. のコメント:

    いろいろ大変でしたね。無事お仕事にも戻られて、涼もホッとしております。ゆっくりと、気長にリハビリなさってください。

  2. ひで のコメント:

    涼さん

    ご心配いただきありがとうございます。

    > ゆっくりと、気長にリハビリなさってください。
    皆んなには治るまでどれ位かかるのかを話すと驚かれますが、
    こればっかりは焦ってもどうしようもないので、本当に気長に
    リハビリするしかないと思っています(^^;

コメントは停止中です。