万霊節の休暇 ’20

昨日からフランスは万霊節の休暇です。オペラ座の仕事の方も今シーズンの演目の音楽稽古が一応ひと段落して、ちょっと休みになります。
とは言え、合唱団入団のコンクールがあったり、リムスキー=コルサコフの「金鶏」のメイキャップリハーサルやカツラ合わせなどもあるので、すぐさま完全休業というわけには行きません(^^;

お昼寝ニャ〜

今日のリヨンは、久し振りに日中最高気温が14℃位まで上がり、午後には陽が差すなどして、秋らしい日和の一日でした。
でもマーシャは、はじめのうちは簡易テラスにいたんですけど、昼寝するには少し肌寒いと感じたのでしょうか、家の中に帰って来て寝ていましたよ(笑)。

カテゴリー: ペット, 日記・コラム・つぶやき | タグ: , | コメントする

夜間外出禁止

先日のテレビインタビューより
先日、水曜夜のテレビインタビューの際、マクロン大統領よりパリを含むイル・ド・フランス地域圏と、グルノーブル、リル、リヨン、エクス=マルセイユ、モンペリエ、ルアン、サン=テティエンヌ、トゥールーズの8地方都市圏に対し、17日から夜間外出禁止令を実施する旨の発表がありました。
また、翌15日にはカステックス首相より今回の措置についてその詳細が発表されました。
具体的には夜9時から翌6時までの時間帯は、特殊な事情を除いて外出禁止となり、少なくとも4週間、可能な場合は12月1日までの6週間に亘って実施されということ。
これにより対象地域の劇場、レストラン、バー等は21時閉店が義務付けられることになり、 当然、リヨン・オペラ座もその対象となります。場合によって公演開始時間の変更が必至ですが、早速、現在公演中のラヴェルの歌劇「スペインの時」に関しては、明日17日(土)の公演開始時間20時を19時に変更したみたいです。

外出禁止令は今夜零時から実施されますが、折しも明日からフランスは万霊節の休暇に入るということもあり、今朝の段階で国鉄リヨン・パールデュー駅は、既にたくさんの荷物を持った多くの人でごった返していました。
外出禁止令が実施される前に、(自分にとって)少しでも安全な場所へ移動しようということなんでしょうけどね。いずにせよ、特効薬やワクチンもない状況ですから本当に厄介です。

カテゴリー: 日記・コラム・つぶやき | タグ: , | コメントする

「アリアーヌと青ひげ」 〜 音楽稽古

「アリアーヌと青ひげ」〜ヴォーカルスコア
今日は午前中の「ベアトリスとベネディクト」の衣装合わせの後、午後からはポール・デュカスの歌劇「アリアーヌと青ひげ」の音楽稽古が始まりました。
「アリアーヌと青ひげ」はデュカス唯一のオペラですが、リヨン・オペラ座では1998年のシーズンに音楽監督のルイ・ラングレー指揮、パトリス・コリエ&モシェ・ライザー演出により、フランソワーズ・ポレ(アリアーヌ)、ナディーヌ・ドゥニーズ(乳母)、クリス・デ・モール(青ひげ)等の配役で公演が行われました。今回は22年振りの公演、僕自身も2度目になります(^^)

カテゴリー: 仕事 | タグ: | コメントする

池井戸潤:『半沢直樹 アルルカンと道化師』

「半沢直樹 アルルカンと道化師」
この週末は、池井戸潤著『半沢直樹 アルルカンと道化師』(Kindle版)を読みました。
ついこの間終わった連ドラがまだ放映中だった9月17日に発売になったもので、同シリーズでは6年振りとなる最新作で、アマゾンの紹介文では、話の流れとしては『オレたちバブル入行組』の前日譚になるという触れ込みでした。
今作はミステリー要素あり、人間模様ありと、いつもの勧善懲悪ストーリーに新たな魅力が加わったような気がします。そして、後半は「半沢〜シリーズ」ならではの痛快な展開で、一気に読み終えました(^^)

カテゴリー: 書籍・雑誌 | タグ: | コメントする

警戒最大化ゾーンへ移行

こちら今日のリヨンは、朝のうちはまだ雨が降ったり止んだりで少し肌寒かと思われる天気でしたが、午後からは陽が差しとても良い天気になりました。お陰でマーシャも簡易テラスでのお昼寝が気持ち良さそうでした(^^)

ポカポカ〜

ところで、今日からリヨン、グルノーブル、サン・テティエンヌの地域圏は新型コロナウイルスによる感染者率の上昇に伴い警戒最大化ゾーンへ移行しました。
これにより、バー、カフェ、サロン・ド・テ等を含む飲料提供店は、少なくとも2週間閉鎖されます。逆にレストランは営業時間短縮や強化措置は取られるものの営業は許可のままで、前者との違いは一体何なのかはっきりとは分からず始末。
また、ゲームセンターやカジノ、見本市、サロン等の展示会場、レセプション会場に加えて、屋外施設も閉鎖される等の措置が取られます。

いずれにせよ、感染症拡大を抑えるために用心するに越したことはないんでしょうけど、だったらもっと公共交通機関の乗客数を調節するとかも考えて欲しいです。窓やドアにソーシャルディスタンスを守りましょうなんていう張り紙はありますけど虚しい限りですよ。特に朝夕は以前と変わらないくらいすし詰め状態の満員でことがあるので恐ろしいです。
大体においてそんな時は数台乗り過ごして空いてるのに乗るようにしていますが、どちらかと言えば、急いでいる時以外は乗りたくないので極力歩くようにしてます。

昨夜なんかは、バーは少なくとも15日間は閉鎖になってしまうからお別れパーティー!って言わんばかりに人が大勢集まっちゃって、お祭り状態だったみたいなところもあるらしいです。しかも、「どうせ店が閉まったって家に皆で集まって飲むんだから何も変わらねんじゃね?」っていう輩が多いこと! あんだけ毎日のようにテレビやラジオで感染注意を呼びかけても気にも留めない輩が一定数はいますから、感染症は収まりようがないでしょうね。

カテゴリー: ペット, 日記・コラム・つぶやき | タグ: , , | コメントする