夜間外出禁止、今月20日まで延長

カステックス首相からの発表
今日は18時からカステックス首相より今後の新型コロナウイルス感染症対策について発表がありました。
オペラ座の午後の稽古が予定より早く終わったので、帰宅後、テレビでその様子を見ることができました。
主な内容は、現在施行されている20時〜6時の夜間外出禁止令は今月20日まで延長されるということ。但し、感染症が拡大している15県は18時からに繰り上げられる。しかもそこへ今週末新た10県を加えるということです。
また、現在のところ閉鎖されている施設(映画館、劇場、美術館など)は引き続き今月いっぱい閉鎖を継続。レストランとバーに関しては少なくとも2月半ばまで閉鎖継続とするということでした。
そもそも論として、1日当りの感染者数が5千人未満になったら緩和するかどうかを決めるという条件があったわけですから、今日だってまだ1日当りの感染者数が2万5千人を超えているのでどうしようもないですよ。そこに加えて、イギリスの変異種によるクラスター発生の報告まで出てきているわけですから、どう贔屓目に見ても緩和はありえませんよね。

リヨン・オペラ座は、今週火曜日からストラヴィンスキーの「ナイチンゲール」の立ち稽古が始まったばかりですけど、やっぱり予想通り22日からのリヨンでの公演は中止になってしまいますね。残念ですけど仕方ないです。

カテゴリー: ニュース タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*